「店長、最近いい女来ませんね」と副店長が話しかけてきました。たしかに、ここ最近コ●ナ不況も終りかけて、もう前のような極上の女性からの応募が減ってきたと嘆いていたある日、「店長、めっちゃクソ可愛い子が来ました」と言うので、応接室に面接に行くと、胸は小さめですが、顔がオレの大好きなAV女優「楓か●ん」のような美女が、ちょっと不安そうにソファーに座っていました。「店長、一生のお願いですから、研修オレにやらせてください」と必死で頼む副店長に「黙れ短小、お前の短小が原因で、彼女が入店しなかったらどうするんだ」と蹴りとばして、面接開始。女子高、女子短大を卒業後、大きな会社の受付嬢として働いていて、そのままお見合いで真面目な銀行員と1年前に結婚した26歳。幸せな人生を送るはずが、ご主人がちょっとしたミスから心の病気に。ご主人の収入がなくなり、彼女がコンビニでパートをして支えていたが、支えきれなくなって、短時間で高収入が得られるという言葉につられて、思い切ってメンエスで働くことにしたそうです。給料のこととか、シフトを一応説明して、契約書にサインをしてもらいました。「では、これから研修をしますから」彼女をいつもの部屋にさそって「研修」を開始しました。病気のご主人とは、もう半年以上もしていないそうで、通常の研修、手コキとフェラをしているときから、彼女の膣が溢れているのがわかりました。中卒だからあまりわからないですが、フェロモン的なものがどうかなって、彼女の体が紅潮しているのがわかりました。そして、私が彼女に愛撫を始めると、もう彼女の下着はぐしょぐしょに濡れていて、クリさんを吸ってあげると、大きめの声であえぎだしました。指を1本入れてかき回し、長年の経験から彼女のスポットを発見。「逝っていません」と言い張る彼女にGスポット手マンで、人生初の潮吹きをプレゼントして、プロの実力を思い知らせてやりました。そして、「主人がいるんです」と小声で言い訳をするように言う彼女に、生アナコンダを奥まで挿入。顔を見られるのが恥ずかしいですと、後ろ向きの騎乗位で私の上に乗ると、彼女はずっぽりと挿入。彼女は、私のアナコンダを好き放題堪能するように、高速子宮こすりつけや、高速グラインダーで性欲を満たし続けました。私も負けじと下からの高速突き上げピストンで対抗。そして最後は、正常位での光速ピストンで彼女を逝かせまくってからの無許可中出し。彼女は、その後お店に来ていないですが、ちょっと怒ったのでしょうか。

READ MORE : ニコル 【メンエス本舗30】「私、主人がいるんです」病気の主人に申し訳ないと思いながらも、勝手に腰が動いて最後は大量の精子を膣に出されてしまいました【素人】【無許可中出し】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です